こんばんは(^^)

今日は、ウミガメのお話をしようと思います!

石垣島ではシュノーケルでもダイビングでもけっこうな確率でウミガメに会うことができます。
100%ではないのですが…
高確率ではあります!

元々は陸で生活をしていたウミガメですが、進化して海で生活をするようになったようです。


爬虫類なので呼吸は肺呼吸です。運が良ければ呼吸をしに水面へと上がってきたカメとシュノーケルでも一緒に泳ぐことができます。

呼吸をしている姿はとってもかわいいですよ☆

ウミガメは産卵は砂浜でします。
しかし、ウミガメは明かりを嫌うので近年は、人が多く住むようになって街灯などの明かりが増えた砂浜では産卵をしなくなってしまっているようです。


それでも産卵をしないといけないとしかたなく産卵をすると…
赤ちゃんカメは明かりに向かって進んで行ってしまい、迷子になったり道路に出てしまったりするようです…

それでウミガメが減ってしまうのは悲しいなぁ(>_<)

八重山諸島の海でよく見られるウミガメは「アオウミガメ」という種類です!


丸い頭がとってもかわいく、優しい顔をしている子が多いです!

希に「タイマイ」という種類の子も見ることができます。
顔は鳥のクチバシのように尖っています。


サンゴの隙間にある餌をとるのでクチバシのような口になったみたいです(^^)

「アカウミガメ」もいるのですが、ほとんど会うことはできません。


昔はアオウミガメよりもアカウミガメが産卵に来ていたそうですが、最近ではアオウミガメのほうが多いそう。そうなったはっきりとした理由はわかっていないようです(>_<)

ウミガメが減ってしまわないように、大切に守っていけたらなと思う今日この頃です。

ではでは本日はここまでです!
また明日~♪